2009年9月14日月曜日

Windows 7は壁紙が劣化する

Windows 7の糞仕様が発覚しました。
jpg以外の画像(PNG、bmpで確認)は、壁紙指定時に自動でjpgに変換され劣化するようです。
解像度はそのままに変換されたのち、画面には指定された縮小or拡大方法で描画されるようで、大き目の画像を使うことで劣化をごまかすことが可能なようですが、Windowsによる縮小描画ですので綺麗な縮小は期待できません。Microsoftには是非無劣化の画像を壁紙に使用できるようにしてほしいものです。
なお、Windows 7 RC ビルド7100のみで確認した現象ですので他のビルドでどうなるかの確証はありません。

2 件のコメント:

grafi さんのコメント...

Server2008でも偶然に確認しました。画像にグレイン入れてるせいもあるけど、モスキートやリンギングの酷い糞仕様でした。

Agate さんのコメント...

以前のようにbmp等の無劣化画像を利用できるようにしてほしいですね。SP1等で仕様変更されるとよいのですが・・・